ビコール地方
Donsol (ドンソール)        
郵便番号 : 4715、 電話回線は無、 バランガイ:51、(2015年10月)   人口は58.000人以上(2015年1月)
2003年ドンソール町の画像 2013年ドンソール町の画像 2014年〜ドンソール町の画像
アクセス マニラ空港よりレガスピ空港:約1時間、マニラより1日7便近く運行している、(セブパシフィックが5便、フィリピンエアーライン2便、)
マニラより長距離直通バスで約13時間、料金は860ぺソ(2014年12月フィルトランコの価格)〜、
レガスピからドンソールへは下のドンソールへの行き方で、
ホテル 民宿が数件あり、宿泊料金:500ペソ〜、リゾートホテル:10ヶ所以上、、宿泊料金:1.000ペソ(2.500円)〜、3つ星クラスで2.300ペソ(5.750円)〜
尚宿泊費や車両費は季節により違います、ハイ・シーズンは1月〜5月でジンベイザメが来る季節12月末〜5月中旬迄は高くなります、

ジンベイザメのウヲッチングは町営のツーリスト・センターで登録、登録後順次船でウヲッチングに出発します、船は6人乗りで時間は約3時間〜4時間、登録費・船代は合計3.500ペソ、機材の貸付けは300ペソ、計3.800ペソ(2017年)、機材の貸付けはツーリストセンターの敷地内に貸付けカウンターがあります、住所はドンソールのダンカランと言い周辺はリゾート・ホテルが点在しています、尚ツーリストセンターの営業時間は午前7時から夕方4時30分、何回も船でウヲッチング出来ますがその度ごとに3.800ペソ必要です、ドンソールの中心地からトライシクル(サイドカー)で約15分、料金は1人片道20ペソ〜2人乗れば40ペソ〜
尚この地域でのダイビングは出来ませんシュノーケリングでの潜りになります、

ドンソールは人口約58.000人(2015年)でソルソゴン州の小さな町だが小さな漁港を中心に、リゾートが点在するダンカランは毎年1月〜5月頃迄ジンベイサメが数十頭回遊する世界でも珍しいエリア、周辺海域は小さな海老や渡り蟹が沢山取れる所なので餌を求めて回遊するのでは???地元住民もとてもフレンドリーで管理人がよく訪れていた97年当時はホテルは一軒もなかったが2003年8月には小さな民宿が2軒、ビーチリゾートが2ヶ所出来ている、宿泊料金は一室、500ペソ〜3.700ペソ、2010年にはリゾートホテルが何軒も出来ている、2013年にはレガスピに新しい空港が計画中で出来るとレガスピとドンソール間も約40分で行ける、
新しい国際空港(ダラガ市)完成時には空港迄新しい道が現在工事中、2018年完成予定、
*2015年1月の調査だとバランガイが51ヶ所、人口も58.000人以上、
レガスピからドンソールへの行き方(約1時間)
レガスピ空港からタクシー、バン、ジプニー、3通りありますが、タクシーは1.200ペソ〜、バン(15人乗りのワンボックスは78ペソ、ジプニーは60ペソ、タクシーやバンは約1時間、ジプニーは約2時間、タクシーはレガスピ空港から乗れますが、バン、やジプニーは専用のターミナルが有ります、いずれも空港からトライシクルで約40〜50ペソでエクスプレス・ターミナルと言えばOK、(ドンソール行き)と言って下さい、エクスプレスターミナルは行先により乗る場所が決まっているので間違わないように、乗客が定員数に達したら出発します、定員数が少なければ+運賃を請求されます、ドンソールの降車場所は市役所の前です、
バンはチャーターする事が出来ます(15人乗りの場合)一人料金98ペソ×15で1.470ペソ同じ料金でチャーター出来ます、*2017年7月からレガスピ迄98(245円)ペソに値上げ、

長距離バスでドンソールへ行く場合はフィルトランコのバスがお勧め全て冷房車なのでジャンパーが要る、パサイのターミナルを夕方5時に出発翌朝6時にドンソールへ着く、料金は860ペソ、途中5ケ所トイレや軽食に停車します、トイレも5ペソ必要、ドンソールからパサイ市へはフィルトランコのバスは昼12時〜12:30分に出発します、料金は860ペソですが乗車して次のターミナル・ピラー(PILAR)で支払いますピラーでは約3時間近く客待ちをします、マスバテから船で来る客待ち、
画像は全て2014年12月17日から2016年5月3日迄に撮影した画像です、ジンベイザメのウヲッチングのドンソール・ダンカランの画像は右をクリックしてください、ドンソール・ダンカランの画像、2015、
一般の方のジンベイザメのウヲッチング時ジンベイザメのカメラ撮影は禁止です係員の指示に従って下さい、
2017年新しくなったツーリストセンター ウヲッチング用ボート客は6人+ 機材レンタル店、ツーリストセンターに入って右側、
ジンベイザメの写真は全て宣伝用にカメラマンが撮影した画像です、一般の方のジンベイザメの撮影は禁止ですので注意して下さい、
パサイ市エドサにあるフィルトランコのターミナル、入り口、 ドンソール出発価格2017年9月(出発時間は午後12時)、 ドンソールのターミナル何台もバスが居ますがマニラ行きは2台、
下3枚の写真はピラー(PILAR)のターミナル,(マスバテへの入り口でフェリー乗り場)バス・ジプニー・UVエクスプレス・バン、昼食はこの町で取る方がゆっくりします、
これから下の写真がドンソールの町の中心地、新しい写真は2013年・2014年とクリックして下さい、画像の内容はドンソールと言ってもかなり広いので主な中心地の町を撮影しています、
下3枚の写真はドンソールに唯一ある病院、以前はレガスピの総合病院の医師が開業していた小さな診療所だったが2014年には写真の様に立派な国立病院になっている、
旅行者にとっては重要な両替・銀行(ATM)・世界のカードが利用可能なATM、などの案内
ドンソール唯一の銀行、店内に有るATMでVIZAカードなら利用OKです、
定期預金の利息は100万ペソ未満が年3%100万ペソ以上だと年6%、
送金や両替が出来ますが両替レートは首都圏より安い、 役所の中にATMが置いてありましたが、2018年8月新しく出来た文化遺産センターの1階左にATMが設置してあります、主要なカードが利用出来ます、
下6枚の写真は町の中心のショッピングプラザ、2018年4月29日です、まだまだ完成するまで時間がかりそう、
河口の水辺側にテーブルを置いていたがカバーが出来たので店の前に 新しく出来たレストラン 街の中心にあったコートが新しくなった、
下の画像9枚は2017年5月12日から始まったボタンデーン・フェスタの様子、最終日は5月19日終了、ボタンデーンとは地元でジンベイザメの事でジンベイザメのシーズンが終わるとフェスタが始まる、
下3枚は2017年9月25日時点の工事進行状況、完成予定は2019年、
下3枚の写真はドンソールの中心地にあった商店(約60店舗)だが2017年1月取り崩し2年後に新しいショッピングモールが出来る、
中心部のテナントの2階にあるレストラン? 中央部にある公園?
下の画像8枚は2015年10月31日墓参りの時期になったので花屋が多く店を出している、画像はサムネイル、
2016年2月22日ドンソールのカレッジのパレード、ミス・キャンパス、
2015年9月18日AM9:00、何かあるとこの様なパレードがある、小さな町だが主要道路の乗り物を止めてパレードする、殆どが高校生、
下9枚の画像は2017年には完成した河口沿いの場所、日・月には色々な商店が店を出している、
この店のテーブルから左右の写真を撮影2015年9月、この店の営業は夕方6時頃から、ソフトドリンクは無いがアルコール類はビールより色々、
夜の中心地2015年8月、
近くの大学のダンスパーティー、町の中心の施設で開催、他の町から隔離されてる町だからかパーティーやイベントが結構多い、2015年8月、
2015年9月撮影、ドンソールは何でも安く1か月の生活費はとても安いし自然は素晴らしい、真ん中のパイナップルは1個20ペソ〜30ペソ(50円か75円)、
2015年9月撮影、2016年カレッジのミス・キャンパスと母親、右の写真は姉、
2015年9月撮影、
2015年9月撮影
2015年完成中心地(市場)の側の商店、古い店が多いがどんどん新しく変わって行く、2016年にはこの商店の隣にある商店街も新しくなる為に取り壊し、         2015年6月1日夏休みも終わり学校が始まる、
下6枚の写真は2015年5月18日ドンソール ボタンデーン フェスタの様子、毎年ジンベイザメのシーズンが終わる頃行われる、
下9枚の写真は2015年4月3日聖金曜日のパレードで教会を出て町中を回り教会へ戻る(4月3日はキリストが処刑された日)、
全体的な画像は一部ドンソール2014年と重複している場合があります、
上下6枚の写真はドンソールの中心地の町の小さな漁港からの写真、
ジンベイザメのウヲッチングのシーズンに入ったので欧米人が来る、日本人と違ってとても気さでフレンドリーな若者で地元の人達とのコミュニケーションを大事にしている、
下の写真の魚は殆どレガスピ(車で1時間)へ持って行く、小魚(鰯やキス・鯵)が多い、大きな魚は着く漁港が違う、勿論漁船も大きい、
とても気さくな町の人達、
ドンソールは若くて可愛い子が多い(フィリピンではビコール地方全体に美人が多いと言われている)
2015年1月19日上3枚が朝6:30分、下3枚が夕方5:30分の撮影、マヨン火山は太平洋側レガスピに有り撮影場所は南シナ海側、