プエルト・プリンセサ、町の様子 ( 画 像 )
パラワン州の州都人口約161.912人(2002年国家統計局のデーター)で町の中心は空港から埠頭までの道路リサール通りを挟むように郵便局、州庁舎、商店、レストラン、ホテルなどが並んでいる、

活気に満ち溢れた市場へと西に広がる市内を抜けるとほとんど舗装道路はない、尚、プエルト・プリンセサはタバコ、ゴミなどポイ捨て禁止ですのでくわえタバコなど注意して下さい、
中心地にある市場は

いつも新鮮な魚介類が安く、日本人がなじみの魚で一杯です、パラワン諸島は台風も少なく地震も無く新鮮な魚介類も多くとても住みやすい所、2005年11月久しぶりにプエルト・プリンセサへ行きました

が至るところにゴミ箱があり町はごみ1つ落ちていない、町の様子は画像をクリックして下さい、パラワンには世界遺産が2箇所ありますが、一般旅行者は世界一の地底川くらいです、地底川はプエルト・プ

リンセサから車で3時間くらいです、もう一箇所の世界遺産はトゥバタハ・リーフ海中公園、プエルトプリンセサから船で18時間近くかかり降りることは出来ません(主にダイバーが行く)、
写真はサムネイル
アクセス 飲  ・ 食
フィリピン航空がマニラより1日2便運航、所要時間:1:15分 カルイ 空港の側
フィリピン航空がセブよりイロイロ経由で週2便運航:2:25分 バジャオ・シーフード 市内から車で15分 ランチ11時
ディナー6時
セブ・パシッフィクがマニラより1日5便、セブ経由で2便 キナプチ 空港の側 夕方から営業
エアーアジア ゼスト(以前のゼスト・エアー社名変更) 1日4便就航、 ボナス・チャオロン ベトナム料理
シーエアー、エアーフィリピン、も運航、 上記は有名な店です上記以外にも色々有ります、
日本料理もホテルに有るようです、
マニラよりWG&A社のフェリーが週1便金曜日運航・所要時間、28時間
 カラミアン諸島ブスアンガ経由なので時間がかかる、
         
ネグロス・ナビゲーションが毎週就航
ホテル(下記ホテル料金は2004年4月からの料金ですシ−ズンにより変更します、事前に確認下さい、)尚下記ホテル以外にも色々ありますが主なホテルのみ提載しています。2005年11月現在一般的なホテルでエアコン付で一室1000ペソ前後が普通、
アジアワールド・
リゾート・ホテル

  
us$120〜 シーナーズ・コテージ・ガーデン P.200〜 バチェラーズ・イン P.500〜
ザ・レジェンド・
ホテル

 
   
us$44〜 プエルト・ペンション P.200〜 ヤエンズ・ペンション P.350〜
ホテル・フローリス 
 
us$56〜 サーコン・ホテル P.250〜 アベラルド・ペンション P.200〜
パジャオ・イン P.300〜 カーサ・リンダ・イン P.350〜 ガルセラーノ・イン P.200〜
エアポート・ホテル P.600〜 トラットリア・イン P.650〜 ダチェス・ペンション P.120〜
プエルト・プリンセサの見所     3月4日はパラワン・チェリー祭りが有ります(プエルト・プリンセサ市)
クロコダイル・
ファーム
ワニの生態が見られる 市内から約
30分
入場料:P:10
サンタモニカ ホンダ湾を一望出来る高原 市内から20分前後 ・・・
パラワン博物館 パラワンの歴史が見られる 市内中心地 入場料:P:10
バタフライ・
ガーデン
パラワンに生息する蝶が見られる 市内から
30分
入場料:P:25
ベトナム難民
キャンプ
沢山のベトナム難民が暮らす町 市内から
30分
入場料:P:10
ホンダ湾 アイランド・ホッピングの発着点 市内から
30分
ーーー
イワヒグ川 ホタル・ウオッチング 市内から車で約40分 600ペソ〜
地下河川国立公園 世界遺産の地底川の見物
市内で事前許可が必要(河川事務所)
市内から車とボート、約2時間 観光税 40ペソ
                          プエルト・プリンサへの就航している各社
         
プエルト・プリンセサ
市外局番 : 048