マニラのナイトライフはかなり過激で、バー、クラブ、デイスコ、マッサージパーラ、カラオケ、ナイト競馬、カジノからホテルのカクテルラウンジまでかなり広い範囲で楽しめる、
エルミタ、マラテ、パサイ、マカテイ、などの繁華街には多数の店があり、老若男女が踊り楽しんでいる。入場料は大体100ペソ(240円)金,土曜日は200ペソ(480円)、ドリンク、フード別料金、ホテルにあるデイスコなど有名店も数軒あり、
色々なタイプのライブハウスがあり、ラテンバンドからフォークバンドまで有り、エントランス・フィー、約200ペソ〜、ビール70ペソ、ビール以外のアルコール類は高い、
もっともポピュラーな遊び場で多数の店があり、店の真中にステージがあり、沢山の女の子が水着姿で踊っている、気に入った女の子を席に呼んで話し相手をしてくれるがドリンクを要求される、ドリンクは一杯100〜150ペソ、ビールは一杯30〜50ペソくらい気に入った子を連れ出す事も出来るが店によって値段はさまざま。
日本の歌も有り、日本語を話す女の子もいる、日本語を話す子は日本に出稼ぎに来ていた、通常10〜20人ぐらいの女の子がおり何人かを席に呼ぶのが普通、歌もうまく、美人が多い、
正面にステージがあり、ストリップを交えたショーが有り、気に入った子を席に呼んで話相手をしてくれるが、15分単位でドリンクを要求される、こういった店には何人かは日本への出稼ぎ経験者がいる。
マニラやセブの高級ホテルには、バー、カクテ・ルラウンジが有り、ライブの演奏で楽しめる。ホテルの中には最上階のラウンジでマニラ湾を眺めながら、ライブ演奏と飲み物を楽しめる所もあり、
マニラには数ヶ所のホテルの中と、空港の近く、タガイタイ、などに有る、スロットル・マシーン、ルーレット、ブラックジャックなど楽しめる、タガイタイのカジノは2001年オープン、夕方5時より、尚現在利用中の国際線ターミナル1がカジノ、ショッピングセンター等に計画中、 現在PRが利用中のターミナル2が国内線、ターミナル3が国際線に、2005年現在のカジノは3ヶ所以上のホテルで営業している、2013年マニラ湾埋立地240万坪の中に東南アジア最大のカジノ群が工事中で2016年には完成する、一軒のホテル&カジノは2013年オープン営業中、1兆5000億の開発費を投じていて全て完成すれば世界でもトップクラスのカジノが出来る全体的な名前はエンターテインメント・シテイと呼ばれて住所はパラニャーケに属する、
バー、ラウンジ (Bar、Lounge)
カ ジ ノ (Casino)
デイスコ (Disco)
ライブ・ハウス (Live House)
ゴーゴークラブ(Go Go Club)
カラオケ・バ−(Karaoke Bar)
ショー・ナイトクラブ(Show Night Club)
Night Life (ナイト・ライフ)
トップページへ戻る