日本人がフィリピンの印象を抱くのは、貧困、混沌、犯罪、など余り良い印象ではないイメージが浸透していますが、現実はどうか余り知られていません、確かに貧困や犯罪などはありますが、他の国々と同様で個々が注

意をしていれば未然に防げる事が多い、フィリピンが第二次大戦前アジア地域で一番豊かな国の一つだった事はあまり知られていない、2002年データーでは日本への就業者人数は年間77.870人で出稼ぎ国の中で3

番目、一番多い出稼ぎ国はサウジ・アラビアや英国への就業者数193.157人、二番目の出稼ぎ国は香港で105.036人、一番少ない出稼ぎ国はカタールで11.516人、この年の出稼ぎ総数は891.908人、出稼

ぎで外貨を送金する金額は国民総生産(GNP)の10%以上で現金で持ち帰る金額を入れると送金額の数倍にものぼる、世界でも有数の海外就労依存型の国家か???、2004年末入管法改正で年間8万人の興行ビ

ザ発給を8千人に削減と十分の一に、興行ビザはダンサーか歌手としてのビザですが実態はフィリピン・パブのホステスとしての就業、厳しい改正は2004年6月アメリカ国務省が日本の人身売買の実態を要警戒国とす

る報告発言に対する対応か?、2006年はさすがに入管法の改正で空港待合室などではタレントなどは居なくなりましたが日本で働いていた女性を訪問する男性が増えている、2008年、2009年、2010年韓国人の訪

比する人が多い、経営のレストランや韓国食品の店、マッサージ店など多く開店していて日本人より訪比する人が多く当然トラブルも日本人よりも多く起こしている、2013年マニラ湾を埋立広大な敷地にエンターテイメン

ト施設が工事中で2016年には完成、フィリピンに来る日本人は日本の方が上だと思っている人が多いが、エンターテイメント施設やショッピング・モール、コンドミニアム(高級な物件)などは今や日本より上を行っている、


ここ10年近くはフィリピン来比の日本人は少なくなっている、代わりに韓国人の来比が増えている、日本人と韓国人の大きな違いは来比する人達の年代層が全く違う、日本人は相変わらず50代・60代が多いですが韓国

人は年代層の若い人が多く、殆どの人は語学留学(英語)かビジネスを目的に来比していて2014年の統計では韓国人居住者は日本人よりはるかに多い約10万人以上がいる、、

                    トラブルに巻き込まれる人・起こす人下はa,b,c,d,e,f,に適応する人が多い、
   

 
、多額の現金を持ち歩く、

    
多額の現金を見せびらかすように支払いなどをする、 日本人にとって大きな金額ではなくても現地の価値観で判断して・・・

 、現地の女性(ホステス)などと深夜の町を徘徊している人

    
カジノやナイトクラブ等深夜の歓楽街を女性(ホステス)などと徘徊している人、(何度も渡比していて慣れている人)???

 、日本人はハイレベルと思っていて自分もハイレベルと勘違いしてフィリピン人を馬鹿にしている人、

    
世界の中では日本人が思っているようなトップクラスの国とは思われていないしまして他国を蔑むような人は海外へ行く価値が無い、(18年の海外駐在経験で、)

 、何度も渡比していて自分は全てわかっているからと現地の人の忠告などを聞かない人、

    
自分は外国人と言う意識がない、(行く地域の言語を少ししか話せないのに忠告を聞かない人)

 、日本へ働きに来ている人を追いかけて行く人、(渡比する日本人の80%以上はこの種の人達)

    
日本への就業者(出稼ぎ)の人達の多くは表向きのビザはダンサーや歌手として来日しフィリピン・パブなどで働いているホステスでこの人達を追いかけて行く人、2013年でも何人かの日本人がいる、  

   
2006年時は日本で働いていた人を追いかけて行く人が多いですが現地の女性は鴨が来たと至れり尽くせりの歓待だが金が無くなったら?????

 
f腕力に自信があると自分の腕力に自信過剰の人、(フィリピンをなめている人)

    
フィリピンでは銃器がある国なので腕力で相手を負かしても恨まれて後日銃器などで襲われる可能性が大きい、 


                  フィリピンの素晴らしい所は(個々の印象で賛否両論)、他のアジア諸国と比べて、

 
、国民性がとても明るい、

    
お金の有無に関係なく明るい、ノー天気???、

 、ホスピタリテイー溢れる人々が多い、

    地方の田舎町などへ行けばフレンドリーでとても親切な人々が多い、30〜40年前の日本の触合いが有る?、


 、英語でコミニケーションが出来る地域が多い、

    アメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語が話せる人口が多い?、(地方でも英語が理解出来る人が多い ???)

 、物価が安い、

    物価の基本の米の価格、1キロ30ペソ〜(75円)、たばこ(マールボロ・レッド20本入り)50ペソ(125円)〜、食事も現地の食堂で食べれば50ペソ(125円)、2013年6月為替レート、

 、大自然がそのまま残っている地域が多い、

    開発されていない地域が多い、

 、日本とのアクセスが近い、

    重い病気などになった時直ぐ帰国出来る、日本とフィリピンのフライト時間約4時間10分、


 親日家がとても多い、 

     地方の田舎町へ行くと片言の日本語を話す高齢者がいる、
 

 8、
ビザの取得が簡単、

    
観光ビザでも延長更新すれば3年(36か月)いられる、延長更新も6ヶ月OKです、又永住するつもりなら永住ビザも簡単に取得可能
  
    
フ ィ リ ピ ン の 明 と 暗
トップページへ戻る