トップページへ戻る              歴代大統領(The President)           

スペイン、アメリカ、日本、アメリカの統治と激動の歴史を繰り返してきたフィリピン、初代大統領から2013年現在の15代大統領までの歴史しかない、(マルコス大統領が21年の長期政権)現在の新憲法(1987年成立)では大統領の任期は1期6年で再選は無い、第十三代のアロヨ大統領の場合はエストラーダ大統領の引継ぎの為第十四代大統領の立候補が認められて当選し就任、2010年5月大統領選挙で第十一代大統領コラソン・アキノ氏の長男ベニグノ・アキノV世が第15代大統領に当選6月30日に正式就任、

   初代大統領  第二代大統領  第三代大統領  第四代大統領  第五代大統領  第六代大統領  第七代大統領   第八代大統領
 エミリオ・アギナルド  マニュエル・ケソン  ホセ・ラウエル  セルヒオ・オスメニャ  マニュエル・ロハス エルビディオ・キリノ ラモン・マグサイサイ   カルロス・ガルシア
                   
1899年1月23日 1935年11月15日 1943年10月14日 1944年08月01日 1946年05月28日 1948年04月15日 1953年12月30日 1957年03月17日
1901年3月23日 1944年08月01日 1945年08月17日 1946年05月28日 1948年07月04日 1953年12月29日 1957年03月17日 1961年12月29日
  第九代大統領  第十代大統領  第十一代大統領  第十二代大統領     第十三代大統領 第十四代大統領   第十五代大統領
リィオヌダド・マカバガル  フェルナンド・マルコス   コラソン・アキノ フィデル・ラモス ジョセフ・エストラーダ グロリア・M・アロヨ グロリア・M・アロヨ   ベニグノ・アキノ V世
  
                      
1986年2月25日ピープルパワーで失脚、アメリカへ亡命、1989・9月28日亡命先ハワイ州ホノルルで死去、 ピープル・パワーで民衆の支持を得て大統領に、翌年には新憲法を成立現在の基礎を作る、
不正蓄財疑惑に端を発したピープル・パワー2で退陣 13代の任期途中での引継ぎ、第九代大統領は実の父、 任期2010年5月迄6年間 十一代大統領の長男ベニグノ・シミオン ”ノイノイ”・コファンコ・アキノ 3世、
 通称:ノイノイ
1961年12月30日 1965年12月30日 1986年02月25日 1992年06月30日 1998年06月30日 2000年01月20日 2004年06月30日 2010年06月30日
1965年12月29日 1986年02月25日 1992年06月29日 1998年06月29日 2000年01月20日 2004年06月29日 2010年06月29日 2016年06月29日
第十六代大統領
 ロドリゴ ドゥテルテ
ダバオ市長
ミンダナオ南部ダバオ
市長を20年以上務め
犯罪撲滅に過激なやり
方で成果を上げていた、
2016年06月30日
2022年06月29日