トップページ                               フィリピン共和国概要
            
  一 般 事 情
1、面 積 299.404ku、 7107の島々(2016年発表で新たに400の島を確認7.500以上の島)、インドネシアに次いで世界第二位の群島国家、 
(名前がある島は約4500〜、人の住んでる島は約1000〜無人島でも殆どの島はオーナーがいる、)
2、人 口 100.981.437人(2015年8月1日:国勢調査により)、2014年7月28日マニラの病院で誕生した赤ちゃんが1億人目となると関係機関が両親に証明書を渡す。 
3、寿 命 平均寿命:男性69.5歳、女性73.9歳、(国家統計局)
4、自治体 17地方、79州、115市、1.495町、41.956バランガイ (2002年データー)
5、首 都 メトロ マニラ (16の市と1町の地域行政の集合体)、メトロ・マニラ首都圏の人口約 1.155万(2003年データー)
6、元 首 ロドリゴ ドゥテルテ 16代大統領 6月30日就任式 (2016年6月30日〜2022年6月29日、任期6年)       歴代大統領
7、国 花 サンバギータ        
8、国 鳥 フィリピン ワシ       
9、国 獣 カラバオ(水牛)       
 10、国 樹  ナラ               
 11、国 旗 赤=勇気(革命で流した血)、青=平和と団結、白=純潔、太陽=自由、太陽からの8本の線はスペインに対して武装蜂起した8つの地域(マニラ・ブラカン・パンパンガ、ヌエバエシハ、ターラック、ラグナ、バタンガス、カビテ)、3つの星はルソン・ビサヤ・ミンダナオ、戦時には赤が上、青が下に上下逆さまになる、
 12、民 族 マレイ系が主体、他に中国系、スペイン系、及びこれらとの混血 更に少数民族等がいる、
 13、言 語 国語はフィリピン語(タガログ語)、公用語はフィリピン語、英語。(フィリピン語は35%、セブ地方のセブアノ語は25%、
ビコール地方のビコー ル語15%その他100前後の言語がある。)
 14、宗 教 国民の83%がカトリック、その他のキリスト教徒は10%、イスラム教5%、
 15、教 育 5歳から幼稚園(プレスクール)1年間、6歳から小学校6年間が義務教育(無償)、私立の小学校は7年もある、
12歳から高校4年間、16歳から大学、新学期は6月初旬、3月終業、アメリカ式で単位をとればステップアップ、
裕福層は殆ど有名私立へ行く。2013年アキノ大統領の提唱により、小学校6年・中学校3年・高校3年制に、
 16、気 候 熱帯性気候なので、年間を通じて暖かく、年間平均気温は26℃〜28℃、6月〜11月雨期、12月〜5月乾季、
*地域によりかなり違うルソン島バギオでは寒くて亡くなった人もいる、
 17、通 貨 フィリピン・ペソとセンタボ、(2013年主に流通している通貨) 他に記念で発行された紙幣で2.000ペソ、100.000ペソ紙幣が有るが一般には流通していない、
 紙幣の種類 :1.000ペソ、500ペソ、200ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソ、の6種類
 硬貨の種類 :10ペソ、5ペソ、1ペソ、25センタボ、10センタボ、5センタボ、の6種類、 
  
200ペソ紙幣は2002年6月12日独立記念日に発行、14代大統領(アロヨ)と元大統領であり父親の写真が紙幣の裏表になっている。
 18、時 差 日本より1時間遅い、
 19、ビ ザ 観光目的の場合、滞在日数30日以内ビザ不要、滞在日数+パスポートの残存期間が6ヶ月以上必要、
観光ビザでの滞在許可日数:2014年3月より日本人は3年間居住できます、観光ビザの延長更新は1回目が28日、2回目から最長6ヶ月迄大丈夫です、(地方の入国管理局事務所は2ヶ月)
 20、
  持込禁止
銃火気類の持ちこみは厳禁、アルコールは1g2本まで、タバコは紙巻タバコ400本、葉巻50本、パイプ用250gまで無税、単品で35.000円以上の新品の製品の持込は税金が掛かる、フィリピン・ぺソの持ち込み持ち出しは10.000.ペソ迄、円・ドルなどの外貨の持ち込みはフリーですが届出が必要、US$10.000以上もしくは同等の外貨の持込は中央銀行への届出が必要、
 21、電 気 220ボルト、60ヘルツ。
   政治体制・内政
 1、政 体 立憲共和制
 2、元 首 大統領制
 3、議 会 上・下二院制
 上院24議席(任期6年、連続三選禁止、)
 下院291議席(最大)、内小選挙区は233議席、政党リスト制は最大58議席、(任期3年、連続四選禁止)
 4、内 閣 正副大統領は国民の直接投票
 大統領:任期6年再選禁止、
 副大統領:任期6年、
閣僚任命権者は大統領、
 副大統領:リニ・ロブレド、(2016年6月30日〜2022年6月29日、任期:6年)
 外務大臣:ホセ・レネ・アルメンドラス、(2016年5月現在)
   内政・外交・国防・軍事力などは省略、
 経 済 指 標 2004年度 USドル         新しいGDP・GNPの情報は右の国家統計局のサイトで(英語)    国家統計局(NSO) サイト   
国内総生産(GDP) 国民総生産(GNP) 一人当たりGNP 実質GDP成長率 実質GNP成長率 失業率 年平均 貿易収支  輸 出   輸 入
 846億ドル  926億ドル  1.100ドル   6.1%   6.1%   11.8% ー7億ドル 396億ドル  403億ドル
海外就業者数(OFW) (2002年)   891.908、人 海外からフィリピンへの送金金額 (2002年)   7.189.243.000、US$

フィリピン主要経済指標

経済指標等

2007

2008

2009

2010

2011

名目国内総生産(GDP,億ドル)

1,494

1,736

1,683

1,996

2,248

名目国民総生産(GNI,億ドル)

1,871

2,206

2,234

2,659

2,956

一人当たりGDP(ドル)

1,624

1,845

1,746

2,011

2,345

実質GDP成長率(%)

7.3

4.6

1.1

7.6

3.9

消費者物価上昇率(%,平均)

2.8

9.3

3.2

3.8

4.6

失業率(%)(年平均)

7.3

7.4

7.5

7.3

7.0

貿易収支(億ドル)

-50.5

-76.7

-46.6

-34.4

-12.2

 うち輸出(億ドル)

504.6

490.7

383.4

515.0

483.1

 うち輸入(億ドル)

555.1

567.4

430.0

549.3

605.0

日比間貿易(財務省貿易統計)

 

 

 

 

 

 日本への輸出(億円)

10,262

8,725

5,983

6,948

7,121

 日本からの輸入(億円)

11,139

10,344

7,672

9,688

8,941

経常収支(国際収支ベース)(億ドル)

71.1

36.3

93.6

89.2

70.8

経常収支(国際収支ベース)(億ドル)

71.1

36.3

93.6

89.2

70.8

外国投資額(認可ベース)(億ペソ)

2,141

1,827

1,218

1,961

2,561

  うち日本

386

161

707

583

774

外貨準備高(億ドル,期末)

337.5

375.5

442.4

623.7

753.0

US$為替レート(ペソ,平均)

46.15

44.47

47.63

45.11

43.31

対外債務残高(億ドル,期末)

551.2

543.9

548.6

600.5

604.4

財政収支(億ペソ)

-124

-681

-2,985

-3,145

-1,980

[GDP比(%)]

[-0.2]

[-0.9]

[-3.7]

[-3.5]

[-2.0]

政府財務証券(T-Bill)金利
91日物、期中平均)

3.4

5.4

4.2

3.7

1.4

(出典:中央銀行、国家統計局等)

(注):これらの経済指標は、フィリピン政府によって不定期に改訂され、大幅に変更されることがありえる。