カラウイット島(Calauit Is)
カラウイット島はブスアンガ島とは運河で隔てられた半島で、マルコス大統領の時代にアフリカや周辺諸国より多数の動物を購入放し飼いにされている、主な動物は、キリン、シマウマ、ガゼルなどの草食動物がほとんど、キングコブラなども飼い放されているので注意が必要。入場料を払ってみて回る、車で島内を見て回ることも出来る、草食動物と、その種類が少ないので日本人にはちょっとたよりない。
写真データーは後日取材後に提載します、