船  旅  案  内           

7107の島々で形成されているフィリピンの国は多種多様の船でのアクセスが不可欠で地域でのアクセスに利用されるバンカーボートから高級ホテル並の設備を誇る大型客船まで有ります、ここでは主に長距離路線の大型客船を案内します。
大手の船会社はチケットの購入を電話やE−mailなどで予約する事も出来ますが、船が遅れたりスケジュールが変更になる事が多々あります一番確実なのは各船会社のオフィスでスケジュールを確認後購入することをお勧めします、長距離路線を持つ船会社は港や市内に事務所を持っています、事務所ではスケジュール、料金、席の有無など提示してあります、キャビン以上のクラスは定員に限りがあり(かなり少ない)、数日前に予約を入れるほうが確実。
長距離路線の大型客船の客室のタイプはエコノミークラス、ツーリスト・クラス、ビジネス・クラス、キャビン・クラス、スイート・クラス、ロイヤル・スイートの6種類があります、販売される客室の90%はエコノミークラスです、

エコノミー・クラス

船底甲板に簡易ベットが並んでいる場合が殆どでトイレ、シャワーは共同、食事は2等食堂、料金は、例、マニラ〜セブ間でP 720、

ツーリスト・クラス


エアコンの付いた2段ベットが2つ、4人1部屋が一般的でトイレ,シャワーは共同、食堂はキャビン客と同じレストランを利用、料金はマニラ〜セブ間でP 820、

ビジネス・クラス


エアコン付き10人前後の大部屋、トイレ,シャワーは共同、食堂はキャビン客と同じレストランを利用可、料金はツーリスト・クラスとほぼ同じ、外国人旅行者の利用が多いのはこのクラス以上、

キャビン・クラス

エアコン付き2〜6人の相部屋、食事はツーリスト・クラス、ビジネス・クラスに比べて豪華で、トイレやシャワーが付いている、料金はマニラ〜セブ間でP 1.000

スイート・クラス、

スイートクラスは食事などレストランはロイヤル・スイートと同じレストランを利用、

ロイヤル・スイート・クラス


エアコン、トイレ、シャワー、テレビ、電話、は標準装備、バルコニーやテラスが付いてる船もあり、食事はスイート客専用のレストラン、バーを完備、高級ホテル並の設備、
料金はマニラ〜セブ間でP 2.000〜3.000、