左の家で家具を買って約400万円〜500万円、

建坪=88u、

u単価=20.000ペソ、(40.000円)

家=1.760.000ペソ=3.520.000円、

土地代は個人の要望面積で?、u単価は家を作る単価より半値以下、

家具類、

冷蔵庫、テレビ、ガスレンジ、ソファー、ベット、洋服箪笥、整理箪笥、食器類、炊飯器、その他、
ソルソゴン州の所有地
理想の居住空間は下の写真で、ハウスの裏で好きな夏野菜を作り、果物はマンゴ・バナナ・パパイヤ・西瓜・スターフルーツなど色々な木を植えて、魚が食べたい時には前の海でその日に食べる魚を釣り、鳥、アヒル、ヤギ、豚を飼い・・・目標より10年長くかかったが管理人の最も理想に近いスローライフが実現出来そう、   
       
2001年からフィリピンの田舎町で始める予定だったスロー・ライフも予定は現実とは違い9年も過ぎてしまいましたが常に目的に向かっています、管理人は長く海外に赴任して来て永住に失敗する人成功する人の違いを見て来ており外国に永住するには全ての条件が満たされていなければ海外永住は失敗すると考えており、簡単に何とかなるさでは行動しない、2001年の予定が10年かかりましたがようやく2011年には実現する、4月か6月迄に住む予定、フィリピンで住む場所は候補地が下の写真3箇所で、その3箇所を数ヶ月ずつ住んでみて自分にあったところを決める予定、メトロ・マニラには友人が多いし家も会社もあるので時々行っても長く住むつもりは無い、候補地の三ヶ所共フィリピン人の友人が多数おり各地区にいる友人達は自分の所へ来るように進められているが自分で数ヶ月ずつ住んでみて決める予定、海が好きなので海の近くで左の写真の様にスローライフを楽しみにしたいと思っている、土地を保有(フィリピンの会社名義)しているのがソルソゴン州とバタンガス州、

1、パラワン州プエルト・プリンセサは台風、地震も無く海もきれいで気に入っているが海まで15分位かかる、

2、ソルソゴン州は海の側だが台風の時期はまともに直撃されるが下の写真のように出来る、

3、バタンガス州は海まで20〜30分かかる場所だがゴルフ場が側にある、

ソルソゴン州で下の写真のような生活をする場合に毎月必要になるお金は、電気代、水道代、ガス代、米、調味料、飲料水、etc・・・月日本円で2万〜3万円で済みそう、その他1年に1回固定資産税が必要、初期費用は土地はあるので、建築費、車両購入費、船の購入費、(車と船は中古を安く買える)、土地面積は4ヘクタール約12.000坪、敷地が海沿いに約600メータあり、理想どうり、2014年には日本人の友人2人〜4人がここに加わるので面白く生活出来そう、2012年管理人は首都圏マニラ市に住んで居ますが、2015年には田舎へ住む、一緒に住む友人が最終的に4〜5人で住むなら12.000坪の土地は管理が大変なので売却して1人100u×人数分の土地にしようと相談があり後々管理も楽な方になりそう、
       パラワン諸島、プエルト・プリンセサ 




             ソルソゴン州




          バタンガス州
トップページへ
  管 理 人 の ス ロ ー ラ イ フ

    スローライフ 2