マニラ市は16世紀にスペインがフィリピンを統治した時の本拠地であったイントラムロスの城塞跡を中心に、リサー

ル公園、政府観光省、大蔵省、国立図書館、国立博物館、マニラ・ホテル、マニラ・ダイアモンド・ホテル、パン・パッ

フック・ホテル、など5ッ星ホテルも幾つもある、
ほとんどの旅行者が最初にこの市に立ち寄る、ツーリスト・ベルトと

呼ばれるエルミタやマビニなど旅行者に必要な物が全て揃っている、両替店もフィリピンではこの地域の両替商が一

番両替レートが良い、管理人もこの地域に住んでいる、一般の人がマニラと言うのはメトロ・マニラの事でマニラ市は

メトロ・マニラの中心地に位置し人口もメトロ・マニラで2番目(一番多いのはケソン市)に多い、エルミタ、マビニ、な

ど旅行者が行く場所もマニラ市の中心部にある、2013年5月マニラ市の市長選で2期務めた現職市長を破り新市

長が誕生し7月1日から新体制に新市長の提案はマニラ市に投資を呼び込み雇用を増やしたいとの事その為に進出

企業の窓口を一元化に向けて進めている、新市長、副市長、進出企業の窓口の責任者も管理人の友人で投資の相

談など何時でも紹介します、窓口の責任者はマニラ市長・副市長の友人で
ボランティアでこの任を引き受けた、

*メトロ・マニラで一番ダーティな町と言われるトンドもこの市にあり旅行者や外国人はこの地域には立ち入らないよ

うに、現地の人もトンドには行かない


          市概要: 14区:897バランガイ、人口:1.581.082人面積:25Ku 2002年データー
         2015年国勢調査で人口は:178万人+です、

下3枚の写真はエルミタ、ロビンソン・コンドミニアムより撮影
マニラ市公式サイト(英語)
                下の5枚の写真はマニラ市の中心、政府の観光省やその周辺、サムネイル
夕暮れのロハス・ブルーバード&ヨット・ハーバー、マニラ湾 下の2枚は2008年マニラ市に出来たフィリピン初の本格的な水族館(アメリカ大使館の近くでマニラ湾沿い) 入場料は大人:400ペソ、子供:350ペソ * 大型の水族館を見慣れている日本人には頼りないかも・・・
Manila City (マニラ市)