フォート・ボニファシオ・グローバル シテイ夜のハイストリートの様子
Taquig (タグイック)
タグイックの中でマカティの隣接エリアは新しい市Bonifacio GLOBAL City(ボニファシオ・グローバル・シティ)で大規模な開発が行なわれておりフィリピンでは最もハイクラスの人々が住む町に変貌しているレストランも日本の上島珈琲(UCC)や有名レストランや、ジョりビー、マクドナルド、スターバックスなどが開店しており、客層もポルシエなどで来ている、殆どのビルは40階前後の高層コンドミニアムで価格も3ベットルームで1000万ペソ以上で一般のフィリピン人は手が届かない、管理人もロビンソン・ランドがこの地区で2棟の43階建て高層コンドミニアムを(2007年着工2010年完成)販売に合わせて2006年10月17日成約、事務所に使用する予定、管理人がこの地区を最も気に入った理由の1つにこの地区はジープニーが乗り入れ禁止で走っていない、この地区へのアクセスは2008年メルセデスの大型シャトルバスが運行中、病院、インターナショナル・スクールなども建設予定で数年先には一大高級ベット・タウンが完成する、買物も2004年にマーケット・マーケットが開店していてロックウエルと2ヶ所のショッピング・センターへ10分圏内、マーケット!・マーケット!の画像は買物情報に有ります、下の写真は全てフォート・ボニファシオ・グローバル・シティ、(2008年6月)、この地区に2008年12月にレクサス・マニラがオープンする予定、
  マニラ市やマカティ市などから車で20分前後タクシーで行っても100ペソ前後、
  タグイック町概要 : 18バランガイ、人口:467.375人、面積:45.2Ku   2002年データー