メトロ・マニラとは正式にはメトロポリタン・マニラでマニラ市、マカテイ市、パサイ市を中心に16の市と1つの町の集合体の称号。
トップ・ページ
 メトロマニラ公式サイト(英語)

メトロ・マニラとは正式にはMetropolitan Manilaで通称メトロ・マニラですマニラ市やマカテイ市を中心に16の市と1町(2012年時)の行政地域の集合体で1.693のバランガイがある、フィリピンの政治、経済の中心地、この地域にフィリピン全人口の14%約 1.300万人もの人々が暮らしている、人口密度は世界で15番目、又フィリピンへの旅行者の殆どがこの地区から目的地へ行く、日本人がマニラと言うのはメトロ・マニラの事、各国の大使館もこの地区に有ります、ツーリストベルトと呼ばれるエルミタ・マラテ地区、フィリピン経済の中心地マカティー、パサイ市は国際空港、長距離バスのターミナル、日本大使館、やナイトライフもカラオケ店、ナイトクラブなど沢山の店がある、宿泊施設も5スターホテルからゲストルームまで多種多様、マンダルヨンはSMメガモールを中心に新しいショッピングモールが、又マニラは歴史建造物など見所も何箇所かあり旅行者だけでなくフィリピンの若いカップルのデイト場所にも、中でもイントラムロスなどはライトアップされていて、城壁内では毎夜ライブが行われていて、カップルだけでなく子供を連れた家族なども多く来ている、マニラ湾埋立地もアジア最大級のショッピングモール、SM・モール・オブ・アジアとその周辺地域も幾つものマンションが建設中、又2013年現在マニラ湾を埋立アジア最大のカジノが誕生する今25%が完成全部完成すると800ヘクタール(240万坪)の巨大エンターテイメント施設が完成する、又住居はタギック・フォート・ボニファシオ・グローバル・シテイが多くの高層コンドミニアムや病院、インターナショナル・スクールなどが完成、この地区へはジープニーの乗り入れは禁止でアクセスは2008年6月メルセデスの大型バスがエドサとの間を運行中、全て完成するとフィリピンで最もハイクラスの居住地になる、40階以上の高層コンドミニアムで価格も3ベットルームで1.000万ペソ以上する物件ばかりで普通のフィリピン人では手が出ない価格、この地区でショッピングはマーケット・マーケットが既に完成しており問題はない、レストランなどもUCCのレストランやスターバックス、ジョルビーなどもオープンしている、ロハス・ブルーバード沿いに出来ていた屋台群は2007年全て禁止に、3008年1月人気店は周辺に移転して営業している、人気店のヤキトリドリなどはCCPの横のマニラ湾沿いでオープンしている、

*2015年注目されているエンターテイメント・シテイ(パラニャーケ市)の側にアヤラ・グループが国内最大規模の商業施設を建設、当然モール・オブ・アジア(MOA)を上回る規模、施設内にはショッピングモール、ホテルなど2018年オープン予定、


下2枚の写真は2015年現在開発が進められているエンターテイメント・シテイ(パラニャーケ市・マニラ湾の埋立地)に建設中の施設、大型施設の2か所はオープン済みで残りは2か所のリゾート、で2015年2月には2か所がグランド・オープン、全て完成は2016年予定、総開発費用は150億US$(1兆5000億円)全て完成するとマカオを上回り東南アジアで最大のカジノ群が誕生する

2016年末オープン予定、(日系リゾート)、 2016年オープン予定、(全て完成は18年予定)
トラベラーズ・インタナショナル・ホテル・グループはホテルの施設を
当初1000室+を予定していたが変更、4.000室以上の客室を
開発、有名ホテルが数社入居予定、
 
Metropolitan Manila (Metro Manila)
市・町の公式サイトは全て英語です
マカテイ市
マカテイ市公式サイト
 ロックウエル
マニラ市
マニラ市公式サイト
エルミタ・マラテ
ビト クルス周辺 
デビソリア周辺
チャイナタウン
キアポ
パサイ市
バクララン周辺
エドサ周辺 
パサイ市公式サイト
ケソン 市
ケソン市公式サイト
タギッグ市
タギッグ市公式サイト
カラオカン市公式サイト
カロオカン市(北)
カロオカン市(南)
ブァレンズエラ市
ブァレンズエラ市公式サイト
マラボン市
マラボン市公式サイト
ナブォタス市
ナブォタス市公式サイト
マリキナ市公式サイト
マリキナ市
サンファン市公式サイト
サンファン市
パッシグ市
パッシグ市公式サイト
マンダルーヨン・公式サイト
マンダルーヨン市
パテロス町
パテロス町公式サイト
パラニャーケ市公式サイト
パラニャーケ市 
    2015年更新
ラス ピニャス市公式サイト
ラス ピニャス市
モンテンルパ市公式サイト
モンテンルパ市