フィリピンの行政単位は、州:(Province)、市:(City)、町:(Municipality)、バランガイ:(Barangay)、の4つとこれらとは別に設置された行政区画あり、1:首都圏、

1:自冶区、14:地方(Region)に分けられる、フィリピンでは1991年、内務自治省法により大きな自治権が地方政府に付与され中央政府が行なってきた、公共事業、

健康管理システム、教育、農産物価格推持制度、社会福祉制度といった諸機能の大きな部分が地方自治体の管轄下に移された、それに伴って税収部分の11%から最高

40%に増額し課税と各種料金の徴収に関わる権限が増大した。又意思決定権についても地方公務員に権限委譲が行なわれた、憲法によって行政単位の創設、分割、廃

止、領域の大幅な変更を行なう場合は各行政単位もしくは変更の影響を受ける行政単位での住民投票による過半数の同意が必要となる、又憲法は地方自治法がリコール

(解雇請求)制度を定めることや上位の行政単位が下位の行政単位を監督させる事を認めている。地方自治体は、州、高度都市化市、独立市、に分かれ、州の下は市、町、

に分かれそれぞれの下に最小行政単位のバランガイがあり、
ムスリム・ミンダナオ自治区(ARMM)は州を束ねる自治区政府が存在する、

 
全国17の地方に79の州、115の市、1.496の町、41.953のバランガイがある    行政単位・市町村一覧の数字データーは2002年国家統計局(NSO)のデーターです 
下記一覧表は17の地方と79の州
イロコス地方 カガヤンバレー
ビコール地方 コルデリア行政地域 西部ビサヤ地方 北部ミンダナオ地方 中部ミンダナオ地方
北イロコス州 カガヤン州 アルバイ州 アブラ州 アクラン州 北ラナオ州 コタバト州
南イロコス州 イザベラ州 南カマリネス州 アパヤオ州 アンティケ州 東ミサミス州 南コタバト州
ラ・ウニオン州 バタネス州 北カマリネス州 ベンゲット州 カピス州 西ミサミス州 サランガニ州
パンガシナン州 キリノ州 ソルソゴン州 カリンガ州 ギマラス州 カミギン州 スルタンクダラット州
中部ルソン ヌエバ・ビスカヤ州 マスバテ州 イフガオ州 イロイロ州 ブキドノン州 カラガ地方
バターン州 ミバロバ地方 カタンドゥアネス州 マウンテン州 西ネグロス州 ダバオ地方 北アグサン州
ブラカン州 東ミンドロ州 カラバルソン 中部ビサヤ地方 東部ビサヤ地方 ダバオ州 南アグサン州
ヌエバ・エシハ州 西ミンドロ州 バタンガス州 ボホール州 ビリラン州 コンポステラバレー州 北スリガオ州
パンパンガ州 パラワン州 カビテ州 セブ州 東サマール州 南ダバオ州 南スリガオ州
タルラック州 マリンドゥケ州 ラグナ州 東ネグロス州 レイテ州 東ダバオ州 サンボアンガ半島
サンパレス州 ロンブロン州 ケソン州 シキホール州 北サマール州 ムスリム・ミンダナオ自治区 北サンボアンガ州
オウロラ州 ・・・ リサール州 ・・・ 西サマール州 南ラナオ州 南サンボアンガ州
マニラ首都圏 ・・・ ・・・ ・・・ 南レイテ州 マギンダナオ州 サンボアンガ・シブガイ
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ タウイ・タウイ州 ・・・
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ バシラン州 ・・・
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ スルー州 ・・・
イロコス地方
カガヤンバレー地方
中部ルソン地方 カラバルソン地方 ミマロバ地方 ビコール地方
西部ビサヤ地方
中部ビサヤ地方
マニラ首都圏

東部ビサヤ地方   

サンボアンガ半島

北部ミンダナオ

ダバオ地方

中部ミンダナオ地方

カラガ地方

ムスリム・
ミンダナオ自治区

コルデリア行政地域
各地域の町(Municipality)一覧表
行政単位&区分一覧